プーケット旅行専門サイト。最新情報やオプショナルツアー情報を毎日プーケットからお届けしています!!      ホームプライバシーポリシー
 
アイランドツアー
その他のツアー
スパ、タイマッサージ
お申し込み関連

 

美味しいタイ料理
辛いだけじゃない!アジの多彩なタイ料理
タイ料理は、酸っぱい、甘い、辛い、しょっぱいが基本。
酸っぱい:マナオ(ライム)やタマリンドの酸味
甘い:砂糖
辛い:唐辛子

しょっぱい:ナンプラー
いづれもタイ料理には欠かすことのできない調味料で、この4つが複雑に交じり合い絶妙な調和を生み出しています。
また、同じメニューでも調理する人によって味が大きくことなるのもタイ料理の特徴です。ということは、レストランなどで料理を注文するときに、味のリクエストも喜んで受け入れてもらえるので、辛さが苦手な人などは進んでリクエストしましょう。
また、日本と同じようにその地方独特の料理もあり、特に国境のある付近では、近隣国の影響も大きく受けていますが、それらをタイ人の口に合うようにうまくアレンジされて今のタイ料理があります。

 

食事は辛く、デザートは思いっきり甘い
タイのデザートや飲み物は基本的にとても甘く、どうしてかと言えば辛い食事の後に食べるとほどよいお口直しになるためといわれています。また暑さでエネルギーを消費するため、糖分でエネルギーを補給しているとの説も。なにわともあれ、近年はノンシュガーのものも出回ってくるようになりましたが、ずいぶん前は日本の緑茶にお砂糖がたっぷり入ったものまで売り出されていたほどなので、よほどの甘いものが好きなのでしょうか。
 
食べるのが大好きなタイ人の食生活
お米のこと
タイの主食は日本同様お米。主に食べられているのはタイの白米(タイ米)もち米です。タイの白米は大きく分けると、普通の米とジャスミンライス(香り米)の2種類があり値段もやはりジャスミンライスのほうが若干高く、日本はもちろんのこと、世界的にも高く評価されている種類です。一方もち米は、北部、東北部での主食のひとつとなり、蒸したもち米を竹篭に入れて食べるぶんずつちぎってスープやおかずのソースをつけながら食べます。
日に何度も、少しずつ
普段の食事は朝昼晩にくわえ、お腹が空いたらデザートや軽食を食べ、夜には胃に優しいということでお粥などを食べているタイ人を多く見かけます。さすがに1回の食事の量は少なめですが、そのぶん大きくお腹が空くまで待っていません。タイ人は、お腹が空いていただけで寂しい、悲しい、などといった陰のイメージが強いため、誰かと会えば何かを食べ、気持ちよく会話をしていることが大好きです。
いつでもどこでも食べられる恵まれすぎてる環境
まずいちばん目にするのは屋台。移動式、固定式など実にいろいろとありますが、数メートル歩けば屋台に当たるというほど数多くの屋台が存在します。また、最近急激に増えたコンビニエンスストアも若者の人気スポット、さらにデパートに行けばフードコート。タイではどんなに物価の高い場所へ行ったとしてもその片隅に屋台アリ。旅行者にはお勧めしがたい料理も数多くありますが、デパートのフードコートでは衛生管理もきちんと行われているので、体調がいい日などには一度挑戦してみる価値ありです。

 

タイの食事のマナー
タイで食事の際に注意したいことの一番目は、まず音を立てて食べないこと。口に物を入れて喋らないこと。日本では、麺類を食べるときはズルズルと音を立ててすするという文化がありますが、タイではご法度!たとえ豪快そうに見えるタイ人男性でも麺をズルズルすすっている人はいないので注意しましょう。
また、スープ類のお皿に直接口をつけて飲まないことも大事なマナーとされており、日本のお椀のような容器に入っているものでさえもスプーンを使っていただきます。
また、通常屋台やレストランなどでいただくタイ料理は右手にスプーンと左手にフォークを使うのが主流で、これは西洋料理の右手にナイフ、左手にフォークと同じ要領ですが、西洋料理の場合は左手のフォークで、またタイ料理の場合は右手のスプーンで食べ物を口に運びます。
タイの各地方料理
中部料理
現在、日本でも代表的なタイ料理とされているほとんどがバンコクを中心とした中部地方の料理。14世紀にアユタヤ王朝が興って以来、豊かな土地と水上交通の恩恵を受け、伝統文化が生まれ、職もそのひとつとされています。世界三大スープのトムヤムクン、またトムカーガイやグリーンカレーなどもこの中部地方の料理。(写真はトムヤムクン)
北部料理
味の特徴は辛味に加え、全体的に塩気も強い料理が多く、調理法は茹でたりお湯にくぐらせたりするシンプルなものが多いです。タイ料理の中でも比較的マイルドな味わいのものが多く、日本人の口にも馴染みやすいといわれています。この地方では豚肉を多く使い、発酵ソーセージや豚の皮を揚げたものなどが有名で、また伝統的なおもてなし料理である、カントゥークは民族舞踊を観ながら楽しめる一品です。 (写真はカオソーイ)
東北料理
地元の人が普段食べるのはもち米ですが、この地方のコラート県というところで採れるカオホームマリ(香り米)と呼ばれる米は、日本でも多くの方に人気です。この地方の代表的な料理には、まだ若い青パパイヤを使ったソムタム、鶏一羽ぶんを丸ごと焼いたガイヤーンがあり、豚肉を使ったラープなどもタイ全土で親しまれている料理です。またこの地方では、唐辛子の辛さがダイレクトに伝わってくるような味が特徴です。 (写真はトムセープムー)
南部料理
北部、東北部とは違って様々なスパイスを使った濃厚な味が特徴の南部料理。プーケットの各種タイ料理もやはりこの南部料理の味がぴったり合い、また海の幸をふんだんに使ったシーフード料理はココナッツミルクやターメリックなどをたっぷり使い魚の臭みを消したり料理のコクを出したりしています。この地方はイスラム教徒も多いため、その影響を受けた料理も多く見受けられます。 (写真はミールアン)

 

 

 




 

プーケットイチバンツアー株式会社
32/62 Moo4, Tanbon Chalong, Muang Phuket 83130 Thailand.
TEL/FAX 076-374809 (タイ国外からおかけの場合は国際識別番号+66-76-374809)
Web site http://www.phuketichibantour.com E-Mail info@phuketichibantour.com
Copyright © 2011 PHUKET ICHIBAN TOUR .All Rights Reserved.| webdesign Phuket web development phuket