プーケット旅行専門サイト。最新情報やオプショナルツアー情報を毎日プーケットからお届けしています!!      ホームプライバシーポリシー
 
アイランドツアー
その他のツアー
スパ、タイマッサージ
お申し込み関連

 

プーケット基本情報

 

 

プーケットって?
東南アジアのひとつタイの代表的なリゾートアイランドであるプーケットは、アンダマン海の真珠という別名を持つタイ国内最大の島です。19世紀には錫の交易で栄え、多くの外国人が住んでいました。マリンスポーツからナイトスポットまでなんでもそろい、旅行者を飽きさせることがありません。また、楽園の島に住む人々の笑顔やエキゾチックな料理の数々に魅了され、年々リピーターが増えている、そんな島です。

 

プーケットの歴史

タイ人が最も尊敬する国王、ラマ5世の時代にはプーケットは錫の産出に関する行政の中心区となり、急発展をとげます。それを機に、13、14世紀ごろから錫の採掘・交易に携わったりするための福建系中国人が1917年までプーケットに多く流れこみました。
これら華人の子孫による鉄パイプ、茨などを体の至る所に突き刺し街中を練り歩く、ベジタリアンフェスティバルは、タイ全土で有名でもとても有名です。

1933年  プーケット県として独立
1967年  タイ本土と結ぶサラシン橋が完成し、交通網が発達
1976年  プーケット国際空港が開港し、1980年以降は、世界有数のビーチリゾートとして発展
2004年  スマトラ沖地震で大津波の被害に遭う

その後は急速に復興が進み、ビーチ通りの区画整理などもすすめられ、特にパトンビーチ(ビーチ情報参照)ではきれいなビーチロードが完成しました。そして2016年にはアジアビーチ競技大会の開催地として予定されています。

 

プーケットの地理
プーケットは山脈の一角であり、島の地形は全体的に高低差が激しく、山脈の最高峰は標高1138mのプラミー山、プーケット県の最高峰は標高529mのマイターシップソン山。また県内の70%は森林地帯となります。
西海岸には砂浜のビーチが広がり、東海岸には粘土質の砂浜が広がります。島の最南端プロンテップ岬は、タイでいちばんにきれいな夕日が見れることで有名。また、プーケット近郊は、世界的な映画の撮影にも使われたピピ島(マヤベイ)や、ジェームスボンド島などもあり、世界各国からの旅行者が後を絶ちません。

 

プーケットの気候
タイは熱帯雨林気候で、年間を通じて気温と湿度が高い国です。なかでも南部プーケットは雨季が長く、また紫外線は海からの反射でかなり強いので、日焼け対策は常に万全にして出掛けましょう。
旅の服装は日本の夏服が基本ですが、ホテルやレストランなどでは、冷房が効きすぎていることも多いのでジャケットやカーディガンなど羽織れるものを持っていくことをおすすめします。
また、プーケットの雨季は各ビーチなどでは波が高く、遊泳禁止になるところばかり。そのことあってか、雨季にはサーファーが集まってきます。
また、乾季の中でも特に年末年始に集中して旅行者が多くなるため、そのシーズンはピークシーズンと呼ばれています。

 

 


プーケットの気候分布図

 

 

 

プーケットイチバンツアー株式会社
32/62 Moo4, Tanbon Chalong, Muang Phuket 83130 Thailand.
TEL/FAX 076-374809 (タイ国外からおかけの場合は国際識別番号+66-76-374809)
Web site http://www.phuketichibantour.com E-Mail info@phuketichibantour.com
Copyright © 2011 PHUKET ICHIBAN TOUR .All Rights Reserved.| webdesign Phuket web development phuket